TOTAL Workout Sports Performance Lab.

Baseball Specific
投手であればより早く正確な投球を目指し、打者であれば、より遠くへ確実なバッティングを課題にすると思います。
そのすべてはやみくもな強化トレーニングではなく、多くのエビデンスから導き出されるそれぞれの技術を数字化させ、それを目標数値と位置づける事で、パフォーマンスを向上する。それこそが現代の最先端トレーニングです。ここではピッチングやバッティングに必要なトレーニングを分析し解説しています。
TOTAL Workout Sports Performance Lab.はアメリカ、シアトルに本拠地を構える「Driveline Baseball」とコミュニケーションを密にし、選手の成果が出せるように一緒に取り組んでおります。そして、彼らと進んでいくことで、メジャーリーガーのサンプリングデータという確かな数値が根拠となり、もっとも効率よいトレーニングを提要する事を日々研究し続けていくことが可能となります。選手に最短で最大の成果を出すこの取組、プログラムが『TOTAL Workout Baseball Program』です。

Concept

Pitching
Program

Hitting
Program

Concept

投手であればより早く正確な投球を目指し、打者であれば、より遠くへ確実なバッティングを課題にすると思います。
そのすべてはやみくもな強化トレーニングではなく、多くのエビデンスから導き出されるそれぞれの技術を数字化させ、それを目標数値と位置づける事で、パフォーマンスを向上する。それこそが現代の最先端トレーニングです。ここではピッチングやバッティングに必要なトレーニングを分析し解説しています。
TOTAL Workout Sports Performance Lab.はアメリカ、シアトルに本拠地を構える「Driveline Baseball」とコミュニケーションを密にし、選手の成果が出せるように一緒に取り組んでおります。そして、彼らと進んでいくことで、メジャーリーガーのサンプリングデータという確かな数値が根拠となり、もっとも効率よいトレーニングを提要する事を日々研究し続けていくことが可能となります。選手に最短で最大の成果を出すこの取組、プログラムが『TOTAL Workout Baseball Program』です。

Pitching Program

ピッチングにおいては、やみくもにトレーニングをするのではなく、動作を解析し、関節可動域や角度、速度を調べる事で、フィジカル面と技術面どちらにフォーカスするべきなのか?を明確にします。
速度アップへの逆算されたトレーニングは、理想的な角度、カラダの使い方、可動域、筋出力を高め常に確認しながらトレーニングを進めます。
またそれらのトレーニングの前には、正しい角度やカラダの使い方に重点を置いたウォーミングアップとしてカラダ全体を使わなければならない重いボールでのピッチングを実施します。

リカバリーのエクササイズには、遠心力を用いて肩や肩甲骨を正しいポジションに戻し、筋肉の乳酸を除去するように努めます。
1:Exercise
・Warm-up Exercises
・Recovery Exercises
・Pitching Mechanics for Mobility
2:High Speed 3D Motion Caputure Systemによる動作分析
3:Velocity Based Training(VBT)
球速を上げる為に必要なボディスピードを向上させるために、Plysical Assessment (身体の角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Tarining といいます。

4:Command Training
例えば重さや重心の位置が違うボールや、重さが同じでも柔らかさに違いがあるボールを投げることで、自己受容性感覚を養い、無意識に動きを感じ取り、また指令を出す能力(Command)が向上します。
これらは、動作、ポジション、平衡感覚と密接に関係しており、正しく選手に身に付けてもらいたい能力でもあります。
「Command」とは、日本語で「指令」という意味です。受け取った感覚に対して瞬時に指令を出しカラダを動かす事自体は、技術であり鍛えるものです。
自然に良くなるというものではありません。

5:Over Head & Hip Mobility
オーバーヘッドの動きの範囲を改善する際に最も重要なのは、肩甲骨の上向き回転と胸椎を広げる事です。
胸椎を広げるという動きは、胸椎を回転させる能力からみると理解しやすく、私達のカラダは胸骨の回転がない場合、腕は引き離そうと分離を試みます。更に、胸部回転の欠如を補うために、胴体を維持するための腰椎の安定性をもなくしてしまうのです。つまり肩甲骨を動かしている筋肉と胸郭を広げるというメカニズムを理解してからトレーニングする事が重要だと言う事です。

Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言う事ではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことが出来る能力の事です。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。

Hitting Program

Hitting動作を解析し、スウイング速度(Exit Velocity:打った後のボールの速度)を上げるか?もしくは飛距離を伸ばすのか?という2方向にフォーカスをあて、分析とエクササイズを実施します。
また、身体に問題がないか?可動域や角度の測定もします。
このプログラムの根幹となるものは、Overload/Underload(自己受容性)Trainingです。
Overloard/Underload Trainingとは、バッティングを例にすると、重さの異なるバットや、様々な位置に重心があるバットを使用してバッティングを実施し、環境の変化で感覚器を刺激し適応能力を向上させるトレーニングの事です。
1:AXE Bat
・Why& AXE Bat Barrel

従来のラウンドハンドルとは異なり、スイング用のアックスハンドルはバットスピードを上げるのに最適です。
アックスハンドルの形状は、手首と手のひらに無理なく沿っており、負の抵抗を排除しながら、最も速く、最も効率的なスイング軌道をサポートしてくれます。
それにより、一貫性と再現性に優れたスイングを得ることが可能となり、ヒット率の向上、打ち上げ角度の最適化(10~30度)が期待できます。

バットスピードの増加は、初動からボール接触までの時間が短い事を意味します。
つまりバットスピードを上げる事で打者がスイングするか?どうか?を見極める時間が増えると言う事です。
85mphの速球は、打撃ゾーンに達するまで、0.5秒もかかりません。時間は貴重であり、バッドスピードを上げることは打者にとって強みとなります。
2:Overload/Underload Training for Power and Bat Speed
かなり軽い負荷によってのスイング練習は、アスリートのカラダをはるかに速い速度で動かし、より強い速筋を作ります。
また、それと同時に過負荷によってのスイング練習も行います。
この様に異なる刺激を与える様な制限のある環境では、中枢神経系に瞬時に変化に対応する能力を向上させます。
3:High Speed 3D Motion Caputure System による動作分析
4:Hitting Drills
・Tee Work
・Tee Workthrough
・Tee Rocker Drill
・Shuffle Swings
・Underhand /Overhand Front Toss
5:Velocity Based Training(VBT)
打球の速度を上げる為にボディスピードを上げることが必要です。
Physical Assessment (身体の角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Tarining といいます。
6:Hip Mobility
Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言う事ではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことが出来る能力の事です。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
そしてそれは、Exit Velocity(打った後のボールの速度)の開発に大きな役割を担っています。
Concept
Concept
野球選手なら「やればもっと力強く投げられる気がする」「やればもっと強く打てるような気がする」そんな風に思うことはあるでしょう。
ただ、そうすれば自分のポテンシャルのリミットを解除できるか?どこから、どの様に手を付ければ良いのか?も明確ではない。というのがほとんどの場合でしょう。
1度しかない野球人生です。その想いを形なる方法を手に入れるべきです。
最先端のトレーニング技術はレーダー式弾道追尾システムや3D Mortion Captuer Systemを用いて分析する技術を意味し、多くのサンプルを取り、そのエビデンスを持って選手を導けるトレーナーと共にパフォーマンスを向上する事が必要です。
Baseball Specificでは、数多くのサンプルから適切な数字を導き出し、その数字に近づけるようにトレーニングをする。それが最も確実にパフォーマンスを向上させる事だと位置づけています。
Pitching Program

Pitching Program

ピッチングにおいては、やみくもにトレーニングをするのではなく、動作を解析し、関節可動域や角度、速度を調べる事で、フィジカル面と技術面どちらにフォーカスするべきなのか?を明確にします。
速度アップへの逆算されたトレーニングは、理想的な角度、カラダの使い方、可動域、筋出力を高め常に確認しながらトレーニングを進めます。
またそれらのトレーニングの前には、正しい角度やカラダの使い方に重点を置いたウォーミングアップとしてカラダ全体を使わなければならない重いボールでのピッチングを実施します。
リカバリーのエクササイズには、遠心力を用いて肩や肩甲骨を正しいポジションに戻し、筋肉の乳酸を除去するように努めます。
1:Exercise
・Warm-up Exercises
・Recovery Exercises
・Pitching Mechanics for Mobility

2:High Speed 3D Motion
Caputure Systemによる動作分析
3:Velocity Based Training
(VBT)
球速を上げる為に必要なボディスピードを向上させるために、Plysical Assessment (身体の角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Tarining といいます。
4:Command Training
例えば重さや重心の位置が違うボールや、重さが同じでも柔らかさに違いがあるボールを投げることで、自己受容性感覚を養い、無意識に動きを感じ取り、また指令を出す能力(Command)が向上します。
これらは、動作、ポジション、平衡感覚と密接に関係しており、正しく選手に身に付けてもらいたい能力でもあります。
「Command」とは、日本語で「指令」という意味です。受け取った感覚に対して瞬時に指令を出しカラダを動かす事自体は、技術であり鍛えるものです。
自然に良くなるというものではありません。
5:Over Head & Hip Mobility
オーバーヘッドの動きの範囲を改善する際に最も重要なのは、肩甲骨の上向き回転と胸椎を広げる事です。
胸椎を広げるという動きは、胸椎を回転させる能力からみると理解しやすく、私達のカラダは胸骨の回転がない場合、腕は引き離そうと分離を試みます。
更に、胸部回転の欠如を補うために、胴体を維持するための腰椎の安定性をもなくしてしまうのです。つまり肩甲骨を動かしている筋肉と胸郭を広げるというメカニズムを理解してからトレーニングする事が重要だと言う事です。

Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言う事ではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことが出来る能力の事です。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。

Hitting Program

Hitting Program

Hitting動作を解析し、スウイング速度(Exit Velocity:打った後のボールの速度)を上げるか?もしくは飛距離を伸ばすのか?という2方向にフォーカスをあて、分析とエクササイズを実施します。また、身体に問題がないか?可動域や角度の測定もします。
このプログラムの根幹となるものは、Overload/Underload(自己受容性)Trainingです。Overloard/Underload Trainingとは、バッティングを例にすると、重さの異なるバットや、様々な位置に重心があるバットを使用してバッティングを実施し、環境の変化で感覚器を刺激し適応能力を向上させるトレーニングの事です。
1:AXE Bat
・Why& AXE Bat Barrel

従来のラウンドハンドルとは異なり、スイング用のアックスハンドルはバットスピードを上げるのに最適です。
アックスハンドルの形状は、手首と手のひらに無理なく沿っており、負の抵抗を排除しながら、最も速く、最も効率的なスイング軌道をサポートしてくれます。
それにより、一貫性と再現性に優れたスイングを得ることが可能となり、ヒット率の向上、打ち上げ角度の最適化(10~30度)が期待できます。
バットスピードの増加は、初動からボール接触までの時間が短い事を意味します。
つまりバットスピードを上げる事で打者がスイングするか?どうか?を見極める時間が増えると言う事です。
85mphの速球は、打撃ゾーンに達するまで、0.5秒もかかりません。
時間は貴重であり、バッドスピードを上げることは打者にとって強みとなります。
2:Overload/Underload Training
for Power and Bat Speed
かなり軽い負荷によってのスイング練習は、アスリートのカラダをはるかに速い速度で動かし、より強い速筋を作ります。
また、それと同時に過負荷によってのスイング練習も行います。
この様に異なる刺激を与える様な制限のある環境では、中枢神経系に瞬時に変化に対応する能力を向上させます。
3:High Speed 3D Motion
Caputure Systemによる動作分析
4:Hitting Drills
・Tee Work
・Tee Workthrough
・Tee Rocker Drill
・Shuffle Swings
・Underhand /Overhand Front Toss
5:Velocity Based Training
(VBT)
打球の速度を上げる為にボディスピードを上げることが必要です。
Physical Assessment (身体の角度の測定)を実施し、ウエイト・トレーニングでは、拳上重量ではなく、拳上速度を重視します。
これをVelocity Based Tarining といいます。

6:Hip Mobility
Hip Mobility とは、ただ単に股関節の可動域と言う事ではなく、片方の内転筋群を動かした際に、同時にもう片側の内転筋群及び外転筋群にも意識と力が加わり(Ipsilateral)動かすことが出来る能力の事です。
コーチ陣は、股関節の柔軟性を持つことや、可動域、使い方など様々な表現でそのイメージをつかませようとしますが、現実的に明確に数値化されたプロトコールが必要となります。
そしてそれは、Exit Velocity(打った後のボールの速度)の開発に大きな役割を担っています。
▲ PAGE TOP