Performance-up Dock

私達は、人間ドックを受けることで、目に見えないカラダの内側を知る事が出来ます。
同じくして、自身のパフォーマンスを数値化し、評価するのが『TOTAL Workout Lab. Performance-up Dock』です。
能力をただ測定するのではなく、各データとの比較が可能なことから、より効率の良いトレーニングメニューを構成するのに役立ちます。

【測定項目】 各項目において、一般の人からアスリートまで数多くのデーター(標準値)と比較し明確にすることが可能です。年齢、性別、特技など個人データに基づき、より早く確実な結果を手にするために効率化を目指します。
  • Plyos Training(PLT)
    パターン化されたプログラムの数字を制限時間内に、正確かつ数多くタップすることで俊敏性の能力を評 価する事が出来ます。
  • Performance-up Dock
  • Plyo Press Training(PPT)
    ジャンプ時に発揮するパワーと受け取るパワーの効率的な変換能力を測定します。
  • Performance-up Dock
  • Versa Pulley(Power Management)
    様々な動きに対して、そのエネルギーの出し方の効率性を確認することができます。
  • Performance-up Dock
  • Redcord re-Conditioning
    インナーマッスルの利用率や改善すべき点などの評価を基準に基づいて明確に示す事が可能です。
  • Performance-up Dock