昨年のオフシーズンより、東北楽天ゴールデンイーグルスの安樂智大選手のトレーニングをトータル・ワークアウトにて実施させていただいております。

プロ野球の2019年シーズン終了とともに、来シーズンに向けたトレーニングを開始、2019年のカラダや投球フォームに関わるフィードバックから始め、2020年シーズンへ向けた課題と目標設定を行いプロジェクトは順調に進んでおります。ケガから復活した2019年シーズンは、新しい安樂選手の投球は、メディアや関係者からも多くの良い評価を得ております。

現在の取り組みでは、当ジム最先端のトレーニング研究機関であるSports Performance Lab.(TW Lab.)にて開発されたLab. Systemにて、最短で最大限のパフォーマンスを引き出すためのトレーニング、ケビン山崎が開発したAthlete Tuning Method®︎(Redcordを活用)を中心としたプログラム構成となっております。Athlete Tuning Method®︎は、普段意識する事のできない身体の深層部の筋肉の意識が飛躍的に向上し、より身体の内側からの重心移動ができるようになるだけではなく、求める理想の投球フォームへカラダを自由に動かせるよう導くことが可能となります。
2020年のシーズンへ向け、ただトレーニングや投げ込みだけをするのではなく、新しく六本木ヒルズ店に新設されたバイオメカニクス ステーションを活用し、最新機器を導入、毎球球質を測定し動作分析していくことで、実施したトレーニングが効果的に発揮出来ているかを即時に科学的数値で評価、確認を行ってまいります。安樂選手の2020年、飛躍的な活躍にご期待下さい。