3月28日、日本武道館にて開催されたK-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~ スーパー・フェザー級タイトルマッチにて、王者 武尊選手がKrush同級王者のレオナ・ペタス選手と対戦いたしました。

試合にはケビン山崎も駆けつけ、試合前のアップにて最終調整を行いました。
試合は場内の盛り上がりが最高潮に達する中、両者による激しい打撃戦が繰り広げられ、武尊選手が1Rに1回、2Rに2回のダウンを奪い、KO勝利にてタイトル防衛(2度目)を果たしました。

今回の試合に向け、新しく導入したトレーニング『King of Motion』の効果も多く感じられ、ダウンを奪った2発の左右フックや、試合を決めた右フックではキレとパワーの向上が確認できました。
次戦へ向け『King of Motion』の継続で更なる進化をサポートしていきます。