東京五輪を目指し、プロからアマへ転向した元世界4団体王者 高山勝成選手。
7月7日にアマチュアボクシングデビュー(全日本選手権愛知県選考会)を果たし、2連勝で東海地区ブロック予選(8月31日~9月1日)に出場いたします。この選考会を勝ち抜くと11月に行われる全日本選手権へと高山選手の夢が着々と近づいてきます。

来たる東海予選へ向け、渋谷店・六本木ヒルズ店においてトレーニングプログラムを実施し、愛知県予選を振り返ったフィジカルコンディションの調整、更なる向上、強化を行いました。
トレーニングについては、当ジム 最先端のトレーニング研究機関であるSports Performance Lab.(TW Lab.)にて開発されたLab. Systemを最大限に活用し、身体の連動性を加速させる為のスピード・トレーニングや、インナーマッスルからアウターマッスルへの繋ぎ、前鋸筋の動きを向上させるためのAthlete Tuning Method®を実施することで、繰り出されるパンチの質を一段と上げることができました。そして、脳を刺激し、反射速度を上げるためのVIMA trainingや、不安定な綱を渡る事でボディバランスを飛躍的に向上させるSLACKLINE trainingも実施しており、最短で最大限のパフォーマンスを引き出すことができました。

進化した姿は東海地区ブロック予選でも確実にお見せできることと思います。
引き続き皆様からの応援も宜しくお願い申し上げます。