世界4大ミスコンの一つで、地球環境保護活動をテーマにした美の祭典【2019ミス・アース・ジャパン日本大会】が7月22日に椿山荘東京で行われ、2019年の日本代表は大分代表の伊徳有加さんがグランプリに輝きました。

トータル・ワークアウトでは、2016年よりミス・アース・ジャパンのトレーニングサポートをしており、日本大会においても当ジム 池澤智がオフィシャルトレーナー/審査員として携わり、これから10月26日にフィリピン(マニラ)にて行われる世界大会へ向け、ボディメイクを実施していきます。

伊徳さんは2015年の高校時代に国体の東京都代表選考会で優勝(走り高跳び)された経験もあり、当ジム 最先端のトレーニング研究機関であるSports Performance Lab.(TW Lab.)にて開発されたLab. Systemを最大限に活用し、最短で最大限のパフォーマンスを引き出していきます。カウンセリングから始まり、世界大会へ向けたボディメイク目標の設定、トレーニング開始といった、世界大会で栄光を勝ち取り日本代表が世界で羽ばたくためのプロジェクトが始まります。