2013年3月24日リーグ戦開幕へ向けてトレーニングをサポートしている東京学芸大学・女子ラクロス部の練習試合が、同大学内総合グランドにて行われました。庄子HCと各選手は、以前より直線的なスピードや一歩目の瞬発力、方向転換時の軸の安定などを感じている一方で、試合(50分間)の中で意識したカラダの使い方を継続することの難しさなども実感されていました。今回、試合独特の動きを実際に見ることで感じた、練習で必要な走り方や更なるコアの強化など、今後の課題についても話し合いました。