IBF世界ミニマム級王者 高山選手が、9/27に原隆二選手(同級10位)の挑戦を受けました。1Rから両者激しい展開、5R以降はフィジカル、スタミナに勝る高山選手の一方的な試合、8Rに圧倒的な手数によるラッシュでTKOにて王座防衛。年末には田中恒成選手(WBO王者)との王座統一戦の可能性が高まりました。今回のトレーニングは、テレビ中継でもお伝えされました通り、強度の高い状態での持久性を向上させるため、BIKE TRAINERが注目。最高の結果を出すことができました。