IBF王者 高山選手が、4/22にファーラン・サックリン・ジュニア選手と王座防衛戦を行いました。1Rから終始圧倒的な手数とポイントにより試合をコントロール、偶然のバッティングにより9Rで終了となりましたが、大差判定3-0で見事王座を防衛しました。今回のトレーニングはテレビ中継でもお伝えされました通り、強度の高い状態での持久性を向上させるため、BIKE TRAINERを新たに活用。今まで以上のキレや圧倒的な強さを存分に発揮した最高のトレーニング結果を出すことができました。