RECRUITING INFORMATION

職種紹介

仕事内容

パーソナル・トレーナーはマンツーマンのトレーニングと食生活を含むライフスタイルの改善によってお客様に「理想のカラダ」を手に入れて頂くことがお仕事です。そのために、お客様と常に良好な関係を築くためのコミュニケーション能力と、幅広い技術力が要求されます。お客様のモチベーションを持続させ、密度の濃いトレーニングを提供するためには、お客様の要望に必ず結果でお応えする必要があり、責任感の大きいお仕事でもあります。それと同時に達成感の強いお仕事でもあります。

キャリアプラン

プロフェッショナルなパーソナル・トレーナーを目指してステップアップして頂きます。
経験を積み、多くのお客様から支持を得ることで、トップアスリートのトレーニングや外部への派遣トレーニング、そしてトレーニングプログラムの提案・開発などを行うことが可能になります。
さらにステップアップしていく中で、専門性を身につけながら、その分野におけるスペシャリストを目指していく専門職コースか、マネージャーとしてトレーナーの採用・育成・評価から店舗の収支管理や事業計画策定を担うマネジメントコースのどちらかを選択し、管理職へ進んでいくことになります。

  • 基礎的なトレーニングのみの、制限付きトレーナー
  • 基本的なパーソナル・トレーニング(ウエイト中心)
  • ❷に加え、コアやスピードトレーニング等のトレーニング、及びアスリートのトレーニングサポート
  • アスリートのトレーニング/外部のスポーツチームに派遣/後輩への指導/トレーニングプログラムの提案・開発など
  • ❺-1 専門性を身につけた、その分野のスペシャリスト
  • ❺-2 店舗運営、社員育成・評価を行うマネジメント業務

求められる人物像

パーソナル・トレーナーには、「職人的なプロ意識」と「お客様至上のサービス精神」が必要となります。職人が自分の技術向上のために余念がないように、パーソナル・トレーナーも、時間を最大限に活用して日々勉強の毎日を過ごし、同時にお客様の立場に立ち、お客様が何を欲しているかを考え、そのために行動できるようなホスピタリティを持つことで、磨いた技術が活かされるのです。技術だけではお客様との信頼関係は築けません。人間性が最も大切であると私たちは考えています。
お客様に充実したトレーニングを提供して、最大の目的である「結果」に導く努力を持ち続けなければなりません。

先輩紹介
INTERVIEW 1

職人的なプロ意識とサービス精神によるトレーニングの考案、サポートでお客様のカラダと心をチェンジ

パーソナル・トレーナー
伊東 ゆき

自分のためから 人のために努力する道へ

身体を動かすことが大好きで、小学校2年生から大学まで続けた空手では、高校3年生のときにはインターハイで優勝、大学2年生のときにはナショナルチームの日本代表に選出されました。社会人になるにあたり、好きなことを仕事にしたいと考えたときに浮かんだのがトレーナーでした。ナショナルチームに所属していたときにも多くのトレーナーの方がついて、技術指導から栄養管理、フィジカル面のサポートなどを行ってくれて「影から人をサポートする職もいいな」と感じていたためです。学生時代は自分が日本一、世界一になることを目指して努力してきましたが、卒業後は人のために努力していきたいという思いもありました。この仕事は、例えば「身体を変えたい」というお客さまの目標が、そのまま私の目標となります。要するに、目標達成は、お客さまと私、2人の目標が達成されることになり、これまでの倍喜びを得られるようになる、それは私にとって大変魅力がある事です。

日本一を目指すジムで働く

経済学部出身で専門的な運動知識を学んだ経験はありませんでしたが、研修では解剖学など一から丁寧に教えてくれますし、当社にはブラザー制度といって、2、3人の新人に対して同じく2~3人の入社年数の異なる先輩がつき、指導をしてくれる制度があります。ときには話しやすい入社2年目の先輩に相談に乗ってもらい、また別のきにはさらに上の先輩からドバイスをもらったりなど、キャリアの異なる先輩に見守ってもらえることは、とても学びやすかったです。また、当社は常に最先端のフィットネスを提供することに努めており、フィットネス最先端のアメリカからもツールや情報を入手し、私たちに共有してくれます。そうして新しい知識を身に付けられる環境も、とても刺激的です。

選ばれるトレーナーに その先には管理職も視野

当社のお客さまには会社のリーダーとして活躍する方やアスリートなども多くいます。当初はそのような方とのコミュニケーションに難しさを感じましたが、経験とともに不安も解消されていきました。今ではお客さまから「ありがとう」というお言葉もいただけるようになり、なかでも「身体だけでなく日常生活がラクになった。あなたのおかげだよ」というお言葉をいただけたときには、大きなやりがいを感じました。今年で入社6年目を迎えるので、これからは後輩の育成にも力を入れていきたいと思います。また、新しく導入されるグループレッンの指導にも挑戦してみたいです。たくさんの方が参加してくれるような人気トレーナーになりたいです。その先には、管理職という大きな目標も見据えています。

1日のスケジュール(例)

09:30 出社
10:00 ミーティング
11:00 パーソナル・トレーニング2本
13:00 休憩
14:00 パーソナル・トレーニング2本
16:00 インターン(ロールプレイングでの後輩指導。)
18:00 パーソナル・トレーニング2本

先輩紹介
INTERVIEW 2

人の人生のターニングポイントに携われる数少ない職業。多くの人の人生を豊かにし、心からの「ありがとう」をもらえる仕事。

パーソナル・トレーナー
柴内 拓海

クライアントと喜びを分かち合う

学生時代から格闘技が好きで、ある日、テレビで有名格闘家が代表のケビン山崎とトータル・ワークアウトでトレーニングをしているのを見たのが、この会社を知ったきっかけです。後に、その格闘家が世界チャンピオンになった際、リング上でケビンと抱き合い喜びを噛みしめている姿を見て感銘を受け、私も第一線で活躍するアスリートのサポートをして、喜びを分かち合える存在になりたいと思い入社しました。 実際にパーソナル・トレーナーとしてデビューした当初は、お客様一人一人に合わせた接客に苦戦していました。お客様のカラダの状態、性格、モチベーションはそれぞれ違い、100人いれば100通りの接客スキルが必要ですが、徐々に相手の立場に立って物事を考えられることができるようになり、単にトレーニングのスキルや知識だけでなく、人間として大きく成長できる仕事なんだと今は実感しています。

クライアントの目的を具体化する

以前、私のクライアントで30代の女性で痩せたいけど、どうしても食事のコントロールが出来ず、カラダの変化が横ばいの方がいらっしゃいました。その方に「直近の目標を決めましょう!」と提案したところ、友人の結婚式が3か月後にあるから、それまでに痩せたいと返答がありました。そこから体脂肪率やカラダの引き締めたい部位、結婚式で着てみたいドレスのことをいろいろと聞くと、最初はしぶしぶ答えていたのですが、目的が具体化するに連れて、モチベーションも上がり、最終的にはお客様から食事のコントロールをしていきたいと要望をくれるようになりました。その方は結果的に3か月間で体脂肪率が10%落ち、当日は友人たちにびっくりされたそうです。このように目標が具体化することでお客様のモチベーションは上げられますし、そこへ導いていくことがパーソナル・トレーナーとしての醍醐味だと思っています。

様々な分野で、活躍の場が広がる

入社から5年目までは、現場で多くのお客様を担当させていただき、カラダを変えることに力を注いできました。そこから数年が経過しているのですが、今ではパーソナル・トレーナーとしての活動以外にも、人材育成、マーケティング、プログラム開発など、さまざまな業務に携わることができています。トータル・ワークアウトでは、健康志向が進む現代社会において、パーソナル・トレーニングだけでなく、食や医療・美容関係など、多く分野とコラボレーションしており、パーソナル・トレーナーが活躍できる分野も増えています。これから入社を目指す方は、お客様のカラダを変えることはもちろんですが、一人でも多くの人の人生を幸せにしたいという、大きな志を持ってチャレンジしてほしいですね。

1日のスケジュール(例)

14:00 出勤(30分前には到着/メール、日報、報告書、1日の流れ、清掃状況などをチェック)
14:00 採用面接(合間に食事)
16:00 パーソナル・トレーニング2本
18:00 リーダーミーティング
19:00 パーソナル・トレーニング3本
22:00 リーダー業務(報告書の作成など)
23:00 営業後の業務

TOTAL Workoutでは
通年採用を実施しています。

人との関係を大切にする方の意欲に私たちはきちんとお応えしたいのです。そして、その意欲や才能に巡り会う機会を大切にしています。

エントリーフォームへ