TOTAL Workout Lab. System トータル・ワークアウト ラボ システム

Athletic Republic

画像:認定証

TOTAL Workoutは2001年よりAthletic RepublicとPartnershipを結び、トレーニング技術の開発を行っています。Athletic Republicは、世界中に160か所以上のAthlete Performance Training Centerを持ち、科学的に認証されたテスト結果を元に、それを定量化できるという特徴を持っています。それらは、性別、年齢にかかわらず66万人のアスリートたちのトレーニングデータとして保管されているAthlete Information Management System (AIMS) を通して、照合することがリアルタイムにできます。またその情報はTOTAL Workout SHIBUYAを拠点に各店舗へ発信されています。
TOTAL Workoutでは、日々のトレーニング実績を電子カルテ化することで、AIMSと連携が取れるシステムを構築しました。
世界で最先端のトレーニング技術をリアルタイムに導入することを実現しているのがTOTAL Workout Lab.最大の特徴なのです。

ATHLETIC REPUBLIC

redcord AS

画像:認定証

2012年ケビン山崎は、これまで自身のトレーニング理論の中心となるスプリントにRedcordを取り入れ、スプリント時の筋肉連動に、より正確性を出す事に成功しました。その事によって2017年、北欧はノルウェーにあるredcord ASとPertnershipを結ぶこととなりました。これまで医療業界で取り入れられていたRedcordはケビン山崎によってスポーツに用いられ、アスリートは勿論、一般の方においてもインナーマッスルに特化したトレーニングが可能になりました。

redcord

日本体育大学

画像:認定証

TOTAL Workoutは、トレーニングを進化し続けることと同様にそれを伝えるパーソナル・トレーナーの育成にも力を注いでいます。日本におけるパーソナル・トレーナーの地位向上のためにも、体育教員養成機関として最も長い歴史を持つ日本体育大学と共にパーソナル・トレーナー養成プログラムを開講しました。TOTAL Workoutの現役トレーナーたちも自身のキャリアアップの一環として、この認定を取得するトレーナーが多くいます。

日本体育大学