トレーニング・コンプレックス

Athlete Tuning Methodで更なる進化に取り組む

Athlete Tuning Methodで更なる進化に取り組む

2020年東京を目指して、進化を続ける濱田真由選手。長い手足を活かした変幻自在のキックのコンビネーションが大きな武器です。その動きを連続して、よりパワフルに繰り出す為に、Athlete Tuning Methodを導入し、取り組んでいます。キックをする際に、足の筋肉だけを使うのでなく、インナーマッスルを作動させる為に、アウターマッスルで支点を作る事で、インナーマッスルとアウターマッスルの協調運動を向上させます。これにより、濱田選手のキックの精度、強さが飛躍的に向上します。