SPEED TRAINING

より難易度の高い動きを習得するために。

トレーニングは、目的地へ最短距離でたどり着くためのもの。求める結果に対し、もっとも効率よく効果が表れなければ意味がありません。スポーツにおいて成功するポイントは、どの競技においてもより速く、強く動くこと。
スピード・トレーニングは、この速く強く動ける能力を最大限に引き出すトレーニング方法で、筋肉を連動させて使うトレーニングです。カラダのキレがよくなり動きが軽くなります。 鍛え上げた筋肉のパフォーマンスを、さらに向上させたいという方にもおすすめです。世界の主要なスポーツセンターの主流となっており、66万人以上のアスリートたちが実践し、
高い結果を出しています。1日60分、約3週間で競技能力に影響を与える結果が得られることを、これまでの経験が実証します。

Super tredmill

Super Treadmillは、トップスピード28m(マイル)/h(44.8km/h)、傾斜40度までできるランニングマシン。 インターバル時間とスピード、傾斜を調整することにより、スピードアップのための2つの要素であるストライドの拡張とピッチの増加を達成します。 それぞれの競技における動きを細密に計算し、神経系が意識しなくても正確に動くことを目指します。
AT(Anaerobic Threshold アネロビックスレッシュホールド)と呼ばれる最高心拍数85%の時、筋肉中の血液では酸素より二酸化炭素の比率が大きくなります。 この状態は、例えば走っている時、頭では足を上げているつもりでも実際には上がっていないという、自分ではコントロールできない状況に陥ります。
Super Treadmillはでダッシュをして心拍数を上げ、ATまで下がったらまたダッシュする。 この繰り返しによって、極限状態でも動きをコントロールできるようにするとともにパワーの持続性を得ます。

プライオプレス

Plyo Pressでは、ジャンプをすることで、縦軸におけるカラダの神経伝達能力を向上させます。
下半身の力を上半身にうまく連動させることで、より大きなパワーを生み出し、Super Treadmillでのダッシュ時においても、高い強度に耐えうる能力を兼ね揃える事ができるという利点に繋がります。 また、Plyo Pressはジャンプ時にかかる負荷を自由に調整できるため、仮に膝を痛めている人でも自分自身の体重以下の重さの設定でジャンプトレーニングを無理なく実施できます。どんな人に対しても正しいポジションでのジャンプができる特徴を持っています。

プライオメトリクス

上半身を固定し、下半身だけをジャンプしながら移動させることで、それぞれの独立性を強化。
カラダの筋肉がバランスよく連動し、各競技の様々な動きに、よりスムーズに対応できる能力を獲得します。 体幹バランスが高まることで、空間でのカラダの感覚が磨かれるとともに、競技におけるジャンプ力、反応の迅速性、基礎体力が向上します。

CURVE Treadmill

ランニングフォームを習得するためには、CURVE Treadmill を用いたトレーニングが有効です。
CURVE Treadmill の特徴は、走行面のベルトが自走によって始動するため、着地を足の指、つまり、5 本の指から意識する事が出来ます。そのため、拇指球でのプッシュが可能になり、走行時、踵を臀部に軽くひきつけることも容易にします。